気仙沼の食材で秋の味覚を堪能
またも気仙沼の食材が食べれるお店で今回は秋の味覚をたくさん頂きました。
食べたのは以下のとおり。

サメの心臓刺し
土瓶蒸し
かれい唐揚げ
焼き牡蠣
めかじきカマ煮付
蒸しほや
さえずり
焼き松茸
さんま棒寿司

a0097240_10411381.jpg


飛騨高山以来のサメの心臓刺しです。昨日食べたときは初めてだと言ってしまいましtが、今日
写真を整理していたら2年以上前に飛騨高山で食べたのを思い出しました。食べたのにすぐ思い出せないのは印象に残っていないからでしょうけど今回のは美味しかった!!これでちゃんと覚えますね。
おなじモウカサメを飛騨高山ではボタって呼んでいましたが、気仙沼だとそのままモウカで心臓だからモウカの星でしょうか。
ところでブレたのが残念。なぜかF11まで絞らないと全体にピントがあわなくて。それ以下だと思ったような写真が撮れなくて。

a0097240_10413723.jpg


気仙沼の松茸、鱧、銀杏、地鶏もも肉、三つ葉、自家製出汁のどびん蒸し。写真用に全部盛ってみました。
自家製出汁にその他の食材からでる出汁、特に松茸の出汁と香りがよくて出汁はほんと美味しかった。
焼き松茸も頼みましたが写真は撮っていません。運ばれてきたとたんもう食べたかったので。
丹波産の松茸に負けないぐらいという歯ごたえと香りを味わえて、しかもほんと時期が短いだけに今回の出会い、自然の恵みに感謝ですね。

a0097240_10421099.jpg


焼くと肉みたいな感じになるメカジキも今が旬。漁獲量は気仙沼がトップのようです。
脂のノリがほどよくて美味しい。今度は焼いたのが食べてみたいです。
刺身でも食べれるようですがまだ食べたことがなく気仙沼でも行かないと無理でしょうか。


a0097240_10481651.jpg


お酒の肴にぴったりな蒸しほや。外側の殻をはずして食べるのですがいつも刺身、酢の物でしか食べないのでこういう食べ方は初めて。生に比べたら海の香り、塩っ気がほのかに感じました。

a0097240_1051619.jpg


〆は脂がのったさんまの棒寿司。
[PR]
by cuisinejaponaise | 2008-09-26 10:39 | 秋の恵みを頂く
松茸と鱧のしゃぶしゃぶ、子持ち鮎 >>